美容

毛穴汚れの原因は皮脂ではない

毛穴の黒ずみは皮脂だと思っていませんか。実は皮脂はたったの30%で70%はタンパク質でできています。垢などのタンパク質とホコリなどが混ざり毛穴にたまっています。
皮脂汚れが原因ではないので、皮脂対策をしてなかなか解消しません。皮脂を抑える化粧品を使って乾燥を招き、黒ずみ毛穴を悪化させていることもあります。
タンパク質がつまっているので、オイルクレンジングでも落とせません。オイルクレンジングは油となじみがいい皮脂やメイク汚れを落とすものだからです。
毛穴の黒ずみを解消するには、タンパク質を分解する必要があります。ピーリングにはタンパク質を取り除いて詰まった毛穴をスッキリさせる働きがあります。
AHAやフルーツ酸を配合して石けんや化粧品を使ったり、酵素洗顔を定期的にします。やり過ぎると潤いを過剰に奪ってしまったり、バリア機能が低下して外部刺激に敏感になったり、乾燥が原因の過角化という現象が起こり毛穴がつまりやすくなります。週に2回までにとどめておきます。
洗顔後は潤いが奪われて乾燥しているので、素早く保湿をします。セラミド、ヒアルロン酸などを配合した化粧品がおすすめです。保湿をするとターンオーバーを整えることができ、古い角質の蓄積を予防できます。

Choices Post